×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

血行促進のストレッチ方法

血行促進するためには、下半身の血行をよくすることが特に大事なことなのです。下半身の血行促進に有効なのは運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が衰えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)が一番いいのですが、ストレッチも効果的です。軽い運動とともに下半身のストレッチ(静的ストレッチが一般的ですが、動的ストレッチやPNFストレッチなどの種類があります)をすれば手軽に血行促進することができます。

お風呂上りなどにストレッチ(お風呂上りなどに行うと、より効果的です)をするとより効果的に血行促進をすることができます。血行促進のストレッチ(体の柔軟性を保つことで太りにくくなるといわれています)の手法としては、まず脚の付け根を軟らかくするために、床の上に足の裏を合わせて脚を組まずに座り、両手で両膝を床に押し付けるようにしてやります。この手法で脚の付け根に負荷を加えることで血行促進を促すことができるのです。

加えて、床の上で脚を大きく開いて、上体を脚にかぶせるように腰から曲げる動作をすることでも血行促進を図ることができます。脚の上に腰を曲げたらしく、苦しみがあるところで静止すると血行促進が促されます。数回同じ動作を両脚で繰り返すことで、血行促進のほかに体も柔らかくなってきます。何より脚の動きがよくなってきて、全体的に運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)効果を高める作用があるのでしょうか。





物事に対する敏しょう性も出てきたりして血行促進以外の効果も沢山ありますから、是非、毎日の軽い運動と一緒にストレッチをするのは、筋肉を伸ばしていくことになるので、凝り固まった筋肉の血行が改善されて、血行が良くなるのです。固まった筋肉は血行促進を阻害し、血液の流れそのものを悪くしてしまいます。

さらに酸素も行き渡りにくい状態にしてしまうので、血行促進されないと深刻と思っているのです。ストレッチ(ムリをしない、バリスティックストレッチ以外は勢いをつけないというのがポイントです。継続して毎日行うことで、少しずつ体が柔らかくなるでしょう)で血行促進をするには、運動前や運動後に行うとよりよい効果が得られます。

運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)前にストレッチをすれば筋肉の動きが活発になり、血行促進がされて体内温度があがり、代謝を高めてくれて老廃物(実は、髪の毛にも食品添加物などの有害な物質が含まれており、老廃物の一種といえます)の排出も促進してくれるはずです。体が温かくなる環境でストレッチをすれば、筋肉の伸びにも血行促進にも有効です。